自動車など乗り物の工場

自動車工場はハードル高い?

工場の求人はさまざまありますが、自動車工場は仕事がきついイメージで語られることが多いですね。それは求人情報でよく目にするあの好条件のせいでしょう。稼ぎたいと思って工場での求人を探してみるけど、ついつい軽作業と書いてあるものばかりを選んでしまう。どうしても応募する勇気が出ないし、あんな好条件ってホントかなあ、年中募集してるってことはやっぱり……なんて疑ってしまいますよね。
ネットで経験者の口コミを検索しても、一年間で数百万貯めたっていう猛者もいれば、キツイから初日で飛んだっていう人もいるから判断は難しい。覚悟を決めて金を稼ぐぞって割り切るまで応募はやめておこう。たしかにそんな高いハードルが自動車工場にはありますね。

その一歩を踏み出せば見える世界とは?

まず、どの自動車工場も、掲載している報酬額に嘘はありません。ただし、額面通りに支給してもらうためには細かな条件があったりします。数字よりも小さい文字ですが必ず記載されていますので要チェックです。そして仕事内容も、配属先によって多少の違いはあるものの、簡単な軽作業ってわけにはいきません。そのあたりをどう考えるかにもよりますが、会社側としてはせっかく募集してもすぐやめられたら困るわけですから、報酬面以上に安全や待遇面にも力を入れているところが多いです。福利厚生の部分ってことですね。
どうしてもイメージだけで語られてしまう自動車工場での勤務、いざ働いてみたらイメージと違った、いや、イメージ通りだった。
これが正解っていうのはありませんが、そのハードルは決して飛べないほどの高さではありません。